日本だけが箸を横向きに置くのか?こどもたちと和文化のお話!

128 views
約 1 分

仲間の脱走から始まったキャンプ二日目。

それでも子ども達同士で話し合い、納得してみんなで挨拶を終えました!

 

元気に朝礼をしたあとは、ロッジに戻って朝ごはん。

献立はお味噌汁と塩むすび、味噌のおにぎり。

とってもシンプルなご飯です。

 

 

みんなが挨拶の練習してるうちに作っておいたよ〜と何の気なしにとさらっと言ったとも先生。ですが、こどもたちが「とも先生ありがとう!」と、自然と感謝の気持ちを伝えてくれました。(:_;)(:_;)(:_;)

 

 

さあいただきますを。。。

と思ったら、ちょ!!

全員揃って箸の扱いが雑すぎる!!!!

∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

 

 

と言うことで、簡単にとも先生から、

ご飯と味噌汁の置く位置や、 箸の取り方運び方のお話を。

 

 

どのようにするか、よりも大切なのは

なぜそうするのか?

 

 

 

どうして世界中で、日本だけが箸を横向きに置くのか?という神さまとのお話や、「いただきます」「ごちそうさまです」と手を合わせることについてのお話をしました。

 

 

理解できたかなあ、

ま、今全部理解できなくてもいいのです^^

日本人のこころ、神道八百万の神様について、命をいただきますということ、

ものを大切に扱うというこころについても一緒に話しました。

 

 

 

文字にするとボリューミーですが

そんなお話を、5分くらいで。

 

 

和文化」と言われるものは日々の暮らしの中にたくさんあるんですね^ ^

 

 

 

(後日、参加者のお母様から「息子からお箸の話、聴きました!」と嬉しい報告をいただきました^^)

 

 

 

 

 

そして、ごちそうさまの時間。

ラボ(託児所)で普段もしている、

ごちそうさまでしたの挨拶があります。

 

 

 

「ご馳走様でした、美味しかったです、ありがとうございました」

 

 

 

この言葉は実は、今回のゲスト、蔵元さんに教えていただいた言葉です。

普段から必ずいつもこの言葉を言っているそうで、今でこそ8社を経営する社長さんですが、10数年前、起業当時は苦しいときもあり、節約のために何駅も歩いたり、お昼は公園でおにぎりを1つだけ、そんな時代もあったそうです。

 

 

その時の「ご飯が食べられるという小さなしあわせ」を大切にしてきて今がある。

 

 

そのお話をお伺いしたとき、とても素敵だなあと思い、託児所でも合言葉にしています。

 

 

これもさっきと同じで、「いま」全てを理解出来なくてもいい。

ただ形式として流れ作業的に「ごちそうさまでしたー」というのは簡単だけれど、「美味しかったです、ありがとうございました」と、二言添えることも難しいことではない。言うのはラボにいる時だけでもいいし、おうちでは違う挨拶でもいい。そう思っています。

ことだまが、子どもたちを包んで守ってくれますように(●´ω`●)と。

 

f:id:kodomocreatersinc:20180217141159p:plain

 

=====================

FaceBookコドモクリエイターズインク – ホーム | フェイスブック 

企業HP :渋谷区の「株式会社ミライLABO」ではのびのび走れる託児所・保育所を運営

企業FaceBookhttps://www.facebook.com/mirai.labo8/

お問い合わせ  :info@mirai-labo8.com

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly