「夢は絶対に、叶う」〜夢は挑戦する心を育む〜

257 views
約 1 分

さて、いよいよ夏のキャンプ最後の記事です!

最後のお昼ごはんはみんなでBBQ!もちろんこれらも自分たちで作ります。

f:id:kodomocreatersinc:20180220100911p:plain

もう、手慣れたもんです。

そして最終日、最後のワーク。

この二日間子どもたちと一緒に過ごした「じろさん」こと(株) BNGパートナーズ代表の蔵元二郎さんへのインタビュー。

質問の内容は、

◎どんな子どもだった?

◎どんなお仕事をしてるの?

この二つは全員共通で、他は子どもたちで考えて質問します。

低学年にはまだちょっと難しいかな、と思ったのは大間違い!

「社長って楽しい?」

「夢を叶える にはどうしたらいいの?」

「スポーツは好き?社長の役に立つ?」

「子供の頃から火を起こしたり木を割ったり 出来たの?じろさんなんでなんでもできるの?」といった質問が各チームたくさん!!

それから可愛かったのは(って言ったら失礼かな)

◎じろさん、今まで何回おねしょした?という年長さんからの質問。

これは、ふざけてるわけではなく、

きっと彼が気にしていることなのかなと感じました。

じろさんでもおねしょしたのかな?なんて思ったのかな?と。

とても愛らしく思い、こころの中で「頑張れ〜!」と思いました^^

インタビュー用紙には、こんな感じで自分で書いていきます。

f:id:kodomocreatersinc:20180220100934p:plain

みんなそれぞれ、一生懸命書いていました。

上手に書けなくてもいいんです。

なんなら文字に起こさなくてもいい。

こころに届いていれば。

大人には全然読めなくても問題なし!

今回のリーダーシップキャンプでは

「知識ではなく体感すること」をとにかく大事にして来ました。

リーダーとは?チームとは?

相手を思いやること、挑戦すること、助け合うこと。

それをどうやって伝えるか、どう感じ取ってもらえるか?

それらたくさんのことを、お話(セミナー等)の方法で知識として伝えるのではなく、子どもたちに本物をギフトしたかったので「二日間のキャンプ」という手法をとりました。

これまで400人以上のベンチャー経営者を輩出し、

1万人以上の経営者を経営サポートして来た「じろさん」と 過ごす二日間。

子どもたちにとってはただキャンプに来ただけで、じろさんは火おこしの師匠で、薪割りの名人で、なんでもできて、パンツを履かない面白いおじさんだと思っているかもしれません。(ホントかウソか子どもたちから聞いた驚愕の事実、、、笑)

f:id:kodomocreatersinc:20180220101111p:plain

(必ず相手の目線に合わせるじろさん)

f:id:kodomocreatersinc:20180220101133p:plain

じろさんから各リーダーへ、「任務」を。

f:id:kodomocreatersinc:20180220101153p:plain

今回のこの「夢を叶えた人にインタビュー」という企画。

とってもワクワクしながら取り組んでくれていた子がいました。

副リーダーだった二年生の女の子。

f:id:kodomocreatersinc:20180220101218p:plain

彼女には「大人になったら宇宙開発の仕事に就く」という夢があります。

ラボでの夏休みの企画「宇宙研究」の企画にも参加してくれていて、

一緒にJAXAつくば宇宙センターにもいきました。

そんな彼女にとって、「夢を叶えた人」には

色々と聞きたくて聞きたくて仕方ありません!!笑

「え、質問、1人1つだけ?!どうしよう!」と、

彼女が悩んで悩んで聞いた質問。

「夢を叶えるにはどうしたらいいですか?」

f:id:kodomocreatersinc:20180220101247p:plain

今回、超多忙を極める蔵元さんに、

どうしても子どもたちとキャンプをして欲しかった理由。

ラボがこどもたちに一番伝えたいことを

じろさんは話してくれました。

「みんな、夢は絶対に、叶うんだよ。毎日声に出してたら、勝手に夢が叶っていっちゃうんだ」

こどもたちからは

「ええ〜〜〜!!!」という喜びの声。

彼女はさらに質問します。

(1人1つなのに止まらない。笑)

「じゃあじろさんの子どもの頃の夢はなんですか?!」

「社長さんになること。あとはサッカー選手、歌手も夢だったよ」

「それ全部叶ったの???」

「全部叶ったよ(ニヤリ」

「えー!!全部叶ったんだって〜!!」

2人のこのやりとりの時の、

Kちゃんの目のキラキラ度合いが忘れられません!

約一週間経って昨日、

お母様から嬉しいメールが届きました。

f:id:kodomocreatersinc:20180220101338p:plain

嬉しいいいいいいいい!!!!

素直ーーーー!!!!

もう絶対叶うそれ!!!!

てかそのために私たちいる!!

その後のやりとり↓↓

f:id:kodomocreatersinc:20180220101359p:plain

純粋なエネルギーってすごい!!!
もう絶対叶う!!!

私も声に出します!!!笑

そして最後はじろさんから子どもたちへ。

伝えてくれたのはとてもシンプルなメッセージでした。

「どんなことでも楽しいと思ってやったら楽しくなる。だからこの先、どんな事も楽しんでやると、じろさんと約束しよう」

火おこしも、献立を考えることも、夕食を作ることも、全て、大変だと思ったら大変になる。でも、楽しいと思ってやったら楽しくなる。

宿題も勉強も一緒。大変だと思ったら大変。楽しいと思ったらどんどん楽しくなる!

ああ、、、私も小学生の時に、こんな話を聞きたかった・・・!笑

蔵元さん、お忙しいところありがとうございました!!!

==============

二日間を通して、

こどもたちは親元を離れて、

一人一人、本当にたくさん成長しました。

たくさんの経験をしました。

キャンプ 場でしかできない、火おこしや河原遊び、山歩き。

そしてプログラムの、自分たちで考え行動するという事、自分の意見を言う事、そして話し合うこと。

やった事のないことにも挑戦をすること、出来なくて悔しくて泣いたり。

涙を玉ねぎのせいにしたり。

様々な苦労を知ることで、自然と感謝が生まれました。

キャンプが終わっても、

これから先も、子どもたちはみんな、

大小様々な挑戦をしていきます。

うまくいくこともあれば、

うまくいかないこともあるかもしれません。

それでも、挑戦し続けていってほしい。

仲間が挑戦していたら、切磋琢磨しながら応援しあえる仲間がいれば

もっともっと頑張れる!

今回のキャンプで少しでもそれを感じてくれてたら嬉しいです。

==============

ラボのミッションは、

「2050年の日本を元気にする」。

託児所を運営してますが、ミッションは待機児童をなくす、でも、働くママに働きやすさを、でもありません。

2050年は、今の子どもたちが、日本を背負って立つ時代、30年とちょっと先のミライ。

その時、日本が、世界が、地球が、

どんな状況だったとしても、

子どもたちには、強くたくましく、

各々の持つ豊かさの定義の中で幸せに人生を過ごしてほしい。

きっと全ての親がそう思うはず。

そのための練習を、研究を、たくさんするところ。

それがラボです。

大人になる前に今のうちに、

たくさん挑戦して、たくさん失敗して、

たくさん励まされて、また挑戦して。

そんな経験が出来る環境を用意すること。

それが私たちの仕事です。

それは、赤ちゃんであっても

小学生であっても同じです。

ラボの芝生で一生懸命ハイハイの練習をする赤ちゃんと、

奥多摩の森で一所懸命発言の練習をする小学生と、

どちらも同じ。

私たちは、その一番近くで、応援したり、励ましたり、抱きしめたり、拍手を送ったり、時には本気で叱ったりする人。

成功を体験を積ませてあげるのも大事、

でも、もっと大事だと思うのは、

失敗しても大丈夫、次はもっと頑張ろう!と思える環境を用意すること。

そう思います。

そうして少しずつ出来ることが増えていく。

そうして少しずつ自信=自分を信じることができるようになっていく。

今回のキャンプで、

一人一人、たくさんのことができるようになりました。

勇気を出して挙手すること、

みんなの前で自分の意見を言うこと、

身支度は自分でできるし、お布団もシーツも敷ける。

包丁も使えるし、カレーも作れる、火も起こせる、薪も割れる!

「まだまだこども」そう思っていても、

実はもうすでに色々出来るようになっているようです。

今回の経験は、

山奥のキャンプ場でしかできない経験ではありません。

日々の生活の中でも 多くの場面で実践出来ることばかり。

だから、どうかお子さんを信じて、たくさん挑戦させてあげてほしい!

そう思います。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly